2019年7月 ロビーエリア リニューアル

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズは、1998年の開業時、 「エレガント」「インターナショナル」 「ファンクショナル」「コンフォータブル」をキーワードに、 横浜らしさ、古き良きものを大切にしながらも、 新しさを発信し続ける、というコンセプトで設計されました。
3層吹き抜けのロビー空間は、 演出テーマである「オアシス」を「風」(シャンデリア)、 「水」(カスケード)、「緑」(グリーン)で表現し、 現代彫刻や、横浜港を模した壁画を配しています。

メザニン(中二階)ロビーからロビーラウンジを臨む(イメージ)

今回の改装では開業から連綿と受け継がれている 伝統を活かしながら、横浜らしさに新鮮さを醸し出す NAVY YOKOHAMA BLUEをアクセントカラーに、 グローバルブランド、シェラトンのデザインビジョン "A World Gathering Place"(人々が集う場所) に倣いリニューアルいたしました。

1Fロビーから”ブース”を臨む(イメージ)

三層の吹き抜け空間には流れるような一体感を創り、 直感的に”寛げる”空間を演出します。食事、会議、仕事、 つながりを問わず、人々が集い、心と心をつなぎ、 経験を共有するための場所。
一新される横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズのロビーは、 グローバルホテルならではの開放的でリラックスできる 新たな空間と、ホテルをご利用されるお客様の心にいつでも "帰ってきたい"と思わせる印象を残します。

1Fロビー レセプションカウンターとエレベーターホールを臨む(イメージ)

ページトップへ